沿岸技術 浮消波堤


浮消波堤は、海面付近に集中する波のエネルギーを、反射、攪乱あるいは吸収といった消波機能を有する浮体により減少させる構造物です。浮消波堤は、チェーンおよびアンカーで係留する方式であるため、大水深・軟弱地盤においては経済性,施工性で有利になります。また、海水交流を妨げないので、環境に与える影響が少なく、浮漁礁としての効果が期待できるほか、移動・撤去が容易であるため、環境にやさしい構造物であると言えます。

写真に示す当社が施工した浮消波堤は、内部水流振動型断面形状で、入射波と浮体動揺との位相差により入射波を反射させる形式で、浮体断面は長い水路が屈曲した構造となっています。

スライドは、中央☓ボタンで拡大します。