環境技術 サンゴ増殖

サンゴを救い、美しい海を取り戻したい

サンゴ棚の母礁イメージ

地球温暖化に伴い、サンゴ礁が年々衰退していると言われています。サンゴ礁には海洋生物の25%が生存すると言われていますが、このサンゴ礁が衰退すると、魚の資源量の減少や、更には食物連鎖が崩れるといった事態につながる可能性があります。当社は、2004年に竹富島に建設した浮桟橋の壁面にサンゴが付着し、成長していることに気付きました。その後の調査により、浮桟橋の防食のために採用されている「電気防蝕」がサンゴの増殖に寄与している可能性があることがわかりました。

 

そこで当社は、人工的にサンゴを増殖する手法として、稚サンゴが着生しやすい電気基盤と、着生したサンゴの成長を促進する微弱電流を利用したサンゴの成長促進装置を開発し、10年以上にわたり、実証試験を行いモニタリング調査を実施しています。実証試験の結果、電着基盤による稚サンゴの着生促進効果やサンゴの成長促進効果が確認されました。今後は、これらを組合せたシステムを提供することにより、造礁サンゴの増殖とサンゴの卵の供給源(サンゴ種苗ターミナル)の創出に向けて取り組んでいきます。

担当者:生産・技術部 保全・エンジニアリンググループ 木原一禎

微弱電流が通電されている浮桟橋の下部にサンゴが多数活着していた(竹富島・浮桟橋、2006年)

サンゴの成長を促進させるこの技術に「GMC (Galvanic Method for Corals)」と名付け、エム・エム ブリッジ株式会社、東京大学、日本防蝕工業株式会社、株式会社CPファームの4者で共同研究しています。社長から若手社員まで潜っています。

前列中央(若手):生産・技術部 設計グループ 設計1チーム 武田知子

株式会社アマナが運営するWEBサイト、「NATURE&SCIENCE」にて、わたし達のとりくみがわかり易く紹介されていますので是非御覧ください。(下記ロゴをクリック)



動画

TV朝日のニュースステーションの取材を受け、これからの技術として紹介されました。(スマホは横にして御覧ください)

電気防食技術を使った浮桟橋の建設をきっかけに、サンゴの増殖研究にも取り組んでいます!石垣島沖にて地元の方々の力を借りながら、環境問題に少しでも貢献できるように研究を進めています。(YouTube)

2017年6 月に、石垣島沖に設置しているサンゴ生育棚のモニタリング調査を行いました。生育棚の設置場所は水深5m程度で、日射などの影響により海水温が高くなりやすい場所のため、サンゴの生育環境としては好ましくない場所ですが、多くのサンゴが生育棚に付着していました!(YouTube)



パンフレット

サンゴ増殖についてのパンフレットを、サイト内のコチラのページで閲覧・ダウンロードいただけます。


技術資料