2021年入社の新入社員

*所属については、インタビュー時点のものです。2021年の新入社員にスポットをあてて取材しました。

生産・技術部 設計グループ 設計3チーム

藤永 りさ


藤永さんに聞いてみました

入社してから現在までの業務内容について教えてください。

その中で特に印象に残っている業務や苦労した業務を教えてください。

入社後1か月は社内研修や工場実習を通して社会人としての生活に慣れていき、その後3か月を通して単純合成桁の試設計に取り組みました。現在は、海老江工区や吹田池田工区の設計補助を行っています。分からないことが多いですが、どんな些細なことでも指導員や周囲の皆さんが分かりやすく教えてくださるので、毎日充実した日々を過ごせています。


MMBを選んだ理由は何ですか? 

インターンシップや現場見学を通して、風通しの良い社風に魅力を感じたからです。先輩方は業務時間内外問わず気さくに話してくださるので、仕事がとてもやりやすいです。また、若手のうちから多くのことを経験できるという点にも惹かれました。最近では、インターンシップの担当として1つの実習内容を任せていただき、無事にやり遂げることができました。


入社して感じた「MMBのここが魅力!」は何ですか?

難工事に果敢にチャレンジしていく姿勢が魅力的だと思います。橋梁の設計を仕事にするなら、難工事や規模の大きな橋の設計に携わりたいと考えていました。MMBには過去に多くの難工事を手掛けてきた経験から豊富な技術力があるので、日々多くのことを吸収しながら業務に取り組んでいます。


将来の夢(将来像)を教えてください!

これから大小さまざまな規模の橋梁設計に携わり、皆さんの暮らしを支えていきたいです。そのためには日々の業務を通して多くのことを学び、経験を積むにつれて信頼される技術者になろうと思います。また設計業務だけでなく、製作や架設の知識も身につけた橋梁技術者として活躍したいです。そして、わたしは山口県出身なので、第二関門橋などのビッグプロジェクトに携わって地元に貢献できる機会があればうれしいです。


就職活動をしている学生さんへメッセージをお願いします。

これから長い時間働くうえで自分に合った仕事を見つけるためには、インターンシップや会社見学会などに積極的に参加して視野を広げていくことが大切だと思います。また、仕事内容だけでなくどのような人たちと一緒に仕事をしたいかを考えることもとても重要です。MMBには、尊敬できる、こうなりたい、と思える先輩方がたくさんいるので、わたしもここで成長したいと思い就職先を決定しました。就職活動を通して、少しでもMMBに興味を持ってくれたらうれしいです。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。