2020年入社の新入社員

*所属については、インタビュー時点のものです。2020年の新入社員にスポットをあてて取材しました。

建設部 計画グループ

田中 勝大

田中さんに聞いてみました


入社してから現在の業務について教えてください。

また、その中で特に印象に残っている業務や苦労した業務を教えてください。

入社してから半年間ほどは、橋梁の架設工事に関わる基本的な計算や知識を本社で学んでいました。現在は宮城県の只越大橋架替工事の現場を担当しています。現場では、先輩方から指導を頂きながら搬入搬出物の管理や測量による出来形管理等の業務に携わっています。

MMBを選んだ理由は何ですか? 

私は学生時代に明石海峡大橋や東京ゲートブリッジ等の長大橋に興味を持ちました。そこから鋼橋メーカーであるMMBのインターンシップに参加し、多くの実績と高い技術力があることを知りました。私もMMBの一員となり日本全国に橋を架けたいと思い選びました。

入社して感じた「MMBのここが魅力!」は何ですか?

分からないことを丁寧に教えてくださる先輩が多いところです。鋼橋の専門的な知識や構造計算、現場での疑問点等に一つ一つ丁寧に教えてくださります。他部署の方々とも話す機会が多くあり、繋がりがとても強く、風通しがいいところに魅力を感じています。

将来の夢(将来像)を教えてください!

将来の夢は、難易度の高い工事でも信頼され、任される技術者になることです。そのために今は、先輩方の指導を頂きながら高い技術や知識を習得したいと思っています。また、技術士等の資格を取得し、周りから信頼される技術者を目指したいです。

就職活動をしている学生さんへメッセージをお願いします。

就職活動では、多くの会社の現場見学やインターンシップ等に参加することをお勧めします。会社の人と話す機会をより多く作ることで自分に合った会社が見つかるからです。今は新型コロナウィルスの影響でとても苦労されていると思いますが、希望の会社に入れるよう頑張ってください。