*所属については、インタビュー時点のものです。2018年の新入社員にスポットをあてて取材しました。

2018年入社の新入社員


戸田 健介

とだ けんすけ

生産・技術部 設計グループ 設計2チーム


戸田さんに聞いてみました


*入社してから現在の業務について教えてください。

私の業務は、橋梁工事の設計補助として橋桁を架設する際に必要な部材の設計計算等を行っています。入社後、約3ヶ月にわたり先輩方から設計計算の進め方の指導を受け、現在は一日でも早く一人前の技術者になれるよう日々頑張っています!

*MMBを選んだ理由は何ですか? 

大学の橋に関する研究を通して、橋梁メーカーの設計・架設に携わりたいと思うようになりました。就職活動中、大学の先生やOBの方に相談していく中でMMBを知り、三菱重工時代の実績に裏付けられる高度な技術力の中で自分を磨きたい!と思いMMBを選びました。


*入社して感じた「MMBのここが魅力!」は何ですか?

MMBの魅力は、成長できる環境があることです。入社後、知識・経験豊富な人たちに囲まれ橋梁の設計実習や架設現場の見学・現地調査等、技術者として生きていく上での基礎を一から学べる環境に魅力を感じています。また、周りは技術者としてだけではなく、人生の先輩としても目標となる人たちばかりで、刺激を受けながら日々過ごすことができています。

*将来の夢(像)を教えてください!

設計・製作・架設という役割があり、たくさんの人たちと一つのモノを作り上げる中で『この人と一緒に仕事をしたい!』と思われるような技術者になることが私の理想の将来像です。そして将来の夢の一つである、自分が設計・架設に携わった橋を自分の足で渡ることを早く達成したいです。


*就職活動をしている学生さんへメッセージをお願いします。

就職してから、初めて見るもの・覚えることは山のようにあります。だから学生時代にたくさん勉強して知識を身に付けることも大事ですが、勉強の仕方を身に付けることが一番大事だと私は思います。あと、卒業論文や部活動、何でもいいので何か一つこれはやり遂げた!というものがあれば就職活動にも自信を持って取り組めると思います。